食育の資格取得

食育とは?

子どもの笑顔の写真

食育の目的は、人々が健康で幸せな生活を送るために、「食」に関する正しい知識と実践力を備えた専門家を育成することです。

 

子どもの欠食や危険な添加物など、食生活の乱れや安全性が問題視される中、食育を学ぶことで安全な食品の選び方・栄養を考えた献立・免疫力を高める食事法などを身に付けることができます。

 

また、食育で身に付けたスキルを自宅で活かせるだけでなく、料理教室の先生やセミナー講師として指導を行ったり、教育・医療・食品業界に就職して活躍される方もいらっしゃいます。

 

「食育推進事業」や「食育基本法」の制定といった国を挙げた展開もますます活発化しており、今後さらに活躍の場は増えていくと予測されています。

 

【主な就職先】
保育園・幼稚園・学校・病院・福祉施設・飲食関連の企業・製薬関連の企業・スーパー・デパート・料理教室など

 

食育を学ぶメリットとは?

安心・安全な食品を選べるようになる

野菜盛り合わせの写真

偏った食生活や危険な添加物の摂取は、子どもの学力や免疫力の低下を引き起こしたり、アトピーやアレルギーを発症させる原因にもなります。

 

食育を学ぶことで、安全な食品を選ぶ際の基準や、アトピーやアレルギーで悩む子どもの正しい食事法などが身に付きます。

 

生活習慣病の予防ができる

一汁三菜の写真

食生活の乱れが、生活習慣病や病気を引き起こす原因となります。

 

病気の予防に最適な栄養バランスの取れた献立を考えられるようになります。

 

食に関する正しい教育を実践できる

いただきます!の写真

食事のマナーや食文化など、食に関する正しい教育を実践できるようになります。

 

家族に美味しい料理を提供できる

家族で食事をしている写真

食材の旬や鮮度の見極め方、栄養を損なわない様々なレシピなどを学べるので、素材の味を活かした美味しい料理を作れるようになります。

 

幅広い世代の食生活をサポートできる

介護食の写真

子どもだけでなく、大人・お年寄り・妊婦など、各世代の特徴に合わせた適切な食事を提供できるようになります。

 

 

 

食育を学ぶには?

食育を学ぶには、以下3つの方法があります。

 

通信講座で学ぶ
通学講座で学ぶ
独学で学ぶ

 

まず最も多いのが@通信講座で学ぶ方法です。

 

ある調査会社のアンケートデータによれば、食育を学んだ8割以上の方が「通信講座を利用した」と回答しています。

 

通信講座を利用する方の割合が多いのは、食育資格の大半は講座と試験がセットとなっており、そもそも講座を受講しないと資格試験を受けられないためです。

 

また試験の難易度もそこまで高くないため、わざわざA通学講座で学ぶほどではないというのも通信講座の受講者が多い理由となっています。

 

もちろん、B独学で学び知識を付けることも可能ですが、無数にある関連書籍の中から自分の目的に合ったテキストを探したり、分からない部分を解決するのに膨大な時間が掛かってしまったりと、決して効率が良いとは言えません。

 

講座を受講するメリットとは?

通信講座の写真

最近では、独学並みのコストパフォーマンスにも関わらず、内容が充実した通信講座も増えています。

 

また資格取得後に就職・転職を検討中の方は、各講座で無償提供されている就転職サポートを活用することをおすすめします。

 

実績豊富な講座には、企業から優良な求人情報がたくさん集まってきており、個別に転職コンサルタントから修了者に紹介されています。

 

各講座の就職実績などは、無料で取り寄せできる講座の案内パンフレットに全て記載されていますので、講座を選ぶ際は参考にすると良いでしょう。

 

自力で学習を続けていく自信の無い方、効率的にスキルを身に付けたい方、条件の良い企業への就職を希望する方は、通信講座の受講を検討してみてはいかがでしょうか。

 

評判の良い通信講座は?

食育(ブラッシュアップ学び)画像

ロゴ(ブラッシュアップ学び)画像
「ブラッシュアップ学び」は、スクール専門の一括資料請求サイトです。複数の講座を一覧比較&一括資料請求ができるので大変便利です。食育関連の講座は10以上の機関で開講されており、学べる分野・料金・学習期間・サポート体制などが異なります。講座選びに失敗すると最悪です。事前に情報収集をして自分の目的に合った講座を選ぶことが大切です。

 

詳細ボタン

 

おすすめの資格はどれ?

どんな資格がある?

代表的な食育資格は以下になります。

資格名

認定団体

講座

食育インストラクター 日本食育インストラクター協会 がくぶん
食育アドバイザー 日本能力開発推進協会 キャリアカレッジ
食育スペシャリスト みんなの食育 ヒューマンアカデミー
食育メニュープランナー 日本技能教育開発センター ヒューマンアカデミー
食育指導士 日本食育協会 東京カルチャーセンター
フードアナリスト 日本フードアナリスト協会 LEC
フードコーディネーター 日本フードコーディネーター協会 レコールバンタン
薬膳コーディネーター 本草薬膳学院 ユーキャン
介護食アドバイザー 日本能力開発推進協会 キャリアカレッジ
食生活アドバイザー FLAネットワーク協会 ユーキャン
ヘルシー&ビューティアドバイザー フードマネジメント協会 ヒューマンアカデミー
マクロビオティックセラピスト 日本能力開発推進協会 キャリアカレッジ
醸しにすと ホールフード協会 がくぶん

 

就職に有利な資格はどれ?

野菜の写真

食育関連の資格は、全て民間資格になるため資格によって優劣などはありません。

 

それ以上に、食育の場合「子どもに対しての食育」「家庭の食事に対する食育」「高齢者に対する食育」「食の安全に対する食育」等など、それぞれ専門的に学べる分野が異なりますので、自分の目的に合った資格を取得することが求められます。

 

例えば、食育に関する基礎的な知識を身に付けたいのであれば食育インストラクター・食育アドバイザーなど、仕事でバリバリ活かしたいのであれば食育スペシャリスト・フードアナリスト・フードコーディネーター、高齢者向けの食事法を学びたいのであれば介護食アドバイザー、栄養士や介護職員などがスキルアップで学ぶのであれば食育指導士といったように、それぞれの目的によって取得すべき資格が異なるのです。

 

資格取得後に「苦労して取ったけど意味が無かった…」と後悔することが無いように、事前に特徴などをよく調べたうえでチャレンジすると良いでしょう。

 

資格を取得するとどんな場面で活かせる?

食育を専門的に学ぶことで、大切家な族の健康管理だけでなく、あらゆる場面で活かすことができます。

 

保育園や学校

保育園・幼稚園・小中学校では、子どもを対象とした様々な食育活動が実施されています。

 

飲食・食品業界

レストランなどの飲食店をはじめ、食品製造・食品加工・食品販売の現場で、新メニューや販売戦略の考案などに活かせます。

 

福祉・医療業界

老人ホームや病院などの福祉・医療業界でも、食に関する正しい知識を身に付けたスタッフが求められています。

 

料理教室・セミナー講師

自宅で料理教室を開業したり、セミナー講師として食の重要性を多くの方に伝えることができます。

 

講座を選ぶ際に確認すべきポイント

食育の講座は複数の機関で開講されています。受講を検討中の方は、講座選びで失敗することがないように、以下のポイントを確認したうえで申込みましょう。

 

専門的に学べる分野
取得できる資格
教材の分かりやすさ
学習期間・ペース
就転職サポートの有無

 

講座選びの手順

1,出来るだけ多くの講座資料を取り寄せる

講座の案内資料の写真

まずは情報収集のために、現在開講されている講座の資料を全て取り寄せて、それぞれの特徴や違いを確認してみましょう。

 

資料を取り寄せる際は、スクール専門の資料請求サイトを活用すると、複数のスクールを一覧で比較したり、まとめて資料請求ができるので便利です。

 

資料請求サイトを利用することで、1つ1つ自分でスクールを調べる手間が省けますし、資料到着後に煩わしい営業電話などが無い点も嬉しいです。

 

ネット請求後3日くらいで、服部幸應「食育インストラクター養成講座」、ヒューマンアカデミー「食育講座」、ユーキャン「食育実践プランナー講座」など、計11個の講座から案内資料が届きました。

 

2,資料の中身を確認する

資料には、講座の情報以外にも食育関連のニュースや業界動向、簡単なレシピなどが写真や図解付きで分かりやすく掲載されているので、雑誌感覚でパラパラと楽しく読めます。

 

一通り資料に目を通したら、自分の目的に合ったお気に入りの講座を1つ選びましょう。

 

近年、「頑張って資格を取得したが、就職先が見つからない…」「育児に役立つ食育を学びたかったが、成人向けの内容だった」等など、講座選びで失敗するケースが非常に増えています。

 

せっかくお金と時間を投資して学習する訳ですから、多少面倒に感じられるかもしれませんが、事前のリサーチを必ずおこなうようにしましょう。

 

評判の良い通信講座は?

食育(ブラッシュアップ学び)画像

ロゴ(ブラッシュアップ学び)画像
「ブラッシュアップ学び」は、スクール専門の一括資料請求サイトです。複数の講座を一覧比較&一括資料請求ができるので大変便利です。食育関連の講座は10以上の機関で開講されており、学べる分野・料金・学習期間・サポート体制などが異なります。講座選びに失敗すると最悪です。事前に情報収集をして自分の目的に合った講座を選ぶことが大切です。

 

詳細ボタン

 

 

 

 

 

 

 

 

【当サイトについて】

食育の資格と一言に言っても、その種類は多岐に渡ります。また、それぞれの資格によって働く場所、就ける仕事も様々です。ここで食育 資格をいくつかと、その資格の説明を述べていきましょう。まず有名なところで、以下の二つがあります。食育アドバイザー…食育に関する幅広い基礎知識があることを認定する資格です。料理に関わる人がスキルアップとして取得されることが多い資格です。食育インストラクター…「食育基本法」の制定に関わった服部幸應氏が監修している資格です。また、この資格は6段階に分けられており上位の資格ほど深い知識が求められます。こちらの二つは就職のために、というよりは今、行っている仕事に合わせて更なるスキルアップのために取得する人が多いようです。だからといって食育の知識を知ることは無駄ではありませんし、かかる費用も比較的安いので手軽に取得できる資格でもありますね。そして知っておきたいのが、以下の二つになります。フードコーディネーター…フードビジネスをプロデュースや、経営者としてマネジメントできる人物であると認定する資格です。経営者として食の業界で生きていこうとするなら、合わせて取っておきたい資格ですね。ただし、食の知識だけでなくマネージメントスキルも必要とされる、ハイレベルな資格でもあります。ヘルシー&ビューティーフードアドバイザーアドバイザーとなっていますが、これは「食」のみではありません。「食」だけでなく、食生活に加えて運動を推奨することで名前の通り、健康的で美しくなろうとする人達へのアドバイスができる資格です。名前から女性に人気があり、資格だけでなく知識を求めて取得しようとする人も多くいます。こちらの資格は食育、としての仕事を考えた上で取得する人が多いようです。ただしそれだけに専門的な深い知識が必要とされますし、かかる費用が高額というのもポイント。これ以外にも食育にはいくつもの資格があり、当然ながら資格取得には費用もかかります。食育の資格は様々なので良く調べた上で、自分の身に付けたい資格を取得することが大切です。

更新履歴