食品添加物の種類にはどんなものがある?

食品添加物にはいくつもの種類があり、それぞれ様々なものが食品の加工や製造の際に使用されています。

 

なんとなく食品添加物が身体に悪いということは知っていても、すぐに悪影響が出るわけではないために、そこまで気に留めていないという方も多いのではないでしょうか。

 

やはりすぐに身体に影響が現れないものであれば、意識することがなくなってしまうのも分かります。

 

ですが、食品添加物がたくさん使用されている食品ばかりを食べていては、将来のことをよく考えた際にとても怖いと感じることもあります。

 

ここでは、食品添加物の代表的なものと、その種類について詳しく見ていきたいと思います。

 

食品添加物の種類

食品添加物の種類と、その代表的なものを見ていきましょう。

 

甘味料・・・食品に甘みをつける目的(キシリトールなど)
保存料・・・カビなどを防ぎ、食品の保存性を高める目的(ソルビン酸など)
香料・・・食品に匂いをつけて美味しくする目的(オレンジ香料、バニラエッセンスなど)
着色料・・・食品に色をつけて綺麗に見せる目的(クチナシ黄色素など)
酸化防止剤・・・酸化を防いで保存性を高める目的(エルソルビン酸ナトリウムなど)
酸味料・・・食品に酸味をつける目的(クエン酸、乳酸など)
pH調整剤・・・食品の品質を良くする(DL-リンゴ酸、乳酸ナトリウムなど)
乳化剤・・・水と油を混ぜる目的(グリセリン脂肪酸エステル、植物レシチンなど)
調味料・・・味を調える目的(タウリンなど)
栄養強化剤・・・栄養素を高める目的(ビタミンA、Cなど)
漂白剤・・・食品を漂白してきれいにする目的(亜硫酸ナトリウムなど)
防かび剤・・・かびの発生を予防する目的(オルトフェニルフェノールなど)

 

まとめ

このように、とてもたくさんの種類の食品添加物が、様々な目的で使用されているのです。

 

ビタミンCなども添加物として使用されていることに驚く方もおられるかもしれません。

 

実は、ペットボトルのお茶などに含まれているビタミンCも、天然由来のものではなく、添加物だと言われています。

 

食品添加物のおかげで食品の保存性が高まったりしていることも事実ですが、身体に添加物が蓄積されることによって、将来的に健康に被害が出てしまう可能性もあります。

 

もちろん、厚生労働大臣に食品添加物として指定してもらうために、厳しい検査をクリアしている添加物ばかりですが、完全に安心できるというわけではないのです。

 

食品添加物がなるべく含まれて居ないものを選ぶようにしたいですね。