食育を学ぶメリット

2005 年の「食育基本法」が制定されて以来、日本国内では食育に関わる活動が広く行われています。それに伴うように食育資格も多く作られてきました。

 

「食の安全」が毎日のようにメディアを賑わす中にあって、各分野で食育に精通した人材が求められています。もちろん食育資格によって仕事を得て、収入を稼ぐことが出来たら一番です。

 

しかし、就職・転職を目指す人たちがいる一方で、日々の生活に活かすことを目的として食育資格を取得したい人たちもいるのです。

 

では、資格を通して習得した「食育」の知識やスキルには、どのようなメリットがあるのでしょうか?

 

女性をサポートする食育

日々の生活に活かすことができるメリットは 3 つあります。それは「食材の見極め」「美容と健康」「育児」です。

 

このキーワードからも分かるように、食育資格というのは特に女性や主婦の方たちに向けた資格ということです。

 

食材の見極め

まず「食材の見極め」からです。世界的に見ても「食の安全」に厳しい基準を設けている日本国内で、食品の偽装問題などが多発しています。

 

こうした現状がある中で理解しなければいけないのが、「自分の身は自分で守る」というスタンスです。身体に有害な食材をしっかり見極めて、自身で安全な食品を選んで購入しなければいけない時代が来ているのです。

 

しかし、食材の見極めをするには相応の知識が必要となります。食育を学ぶことで、良い食材やレストランの見極めが出来るようになるのです。

 

美容と健康

次に「美容と健康」です。「食」というのは、私たちの健康だけでなく、美容にも直結しています。摂取する栄養が、美容と健康に大きな影響を及ぼします。

 

食育資格を習得すれば、「食」の視点から自身の美容を見つめ直すことができます。また運動やトレーニング理論も取り入れた食育資格もあるので、体質改善やダイエットを目指す方にもオススメできます。

 

育児

最後に「育児」です。主婦の方が気を配らなければいけない点は、自分の美容や健康だけではありません。子どもを育てるという重責を担っています。

 

食生活の乱れが蔓延している現代にあって、母親に「育児」についての正しい知識やスキルを身に付けてもらうことは必然です。

 

食育を学ぶことで、育児の基本である「食」の正しい知識を身に付けることで、自信を持って育児に励むことができます。