フードアナリスト検定試験の出題内容は?

食育関連の資格としては、多くの民間資格があります。

 

その中の一つである、フードアナリスト検定試験について、出題内容を見ていきたいと思います。

 

フードアナリスト検定試験とは?

フードアナリスト検定試験は、日本フードアナリスト協会が認定している試験となります。

 

食の情報を解説していく専門家として、食と食空間を分析・評価、コンサル、推奨などを行います。

 

料理の評価だけではなく、サービスや雰囲気、安全性などを含めて総合的に評価し、格付けを行ったりもします。

 

フードアナリスト検定試験では、試験は4級と2級で行われます。

 

3級は、養成講座や通信講座のみで開講されており、修了後に小論文を提出するだけで、検定試験はありません。

 

18歳以上であればどなたでも受験できる試験となっているのですが、スタートは4級からの受験となります。

 

いきなり3級や2級を受験するという飛び級での受験は認められていませんので、注意してください。

 

検定試験の出題内容は?

フードアナリスト検定試験を受験したい場合には、4級検定試験から受検することになります。

 

4級は、4択式の選択問題となり、問題数は50問です。この試験は、教本・問題集・カリキュラムに準拠したものとなっています。

 

3級は試験がなく、講座受講を修了後に小論文提出となります。

 

2級は、科目AとBに分かれており、選択問題と記述問題の合計50問ずつとなります。

 

教本の第一章から第七章までが科目A、第八章から第十四章までが科目Bとされています。

 

検定受験に際し問題集や教本などが販売されていますので、そちらを購入して勉強するのもおすすめです。

 

・食空間コミュニケーション
・食空間の知識、教養
・お菓子とパン
・サービス、テーブルマナー
・食空間の演出

 

など、このような内容となっていますので、試験問題もこのようなものが出題されるものと思われます。