フードアナリストとは?

フードアナリストとは食育の資格の中でも特に専門色の強い資格であり、幅広い知識と高い能力が必要とされる資格です。

 

このフードアナリストの資格を簡単に説明しますと、レストランや飲食業店の分析、評価を行えるという証明書です。しかしその分析、評価するポイントは簡単には説明できません。

 

ただそのレストランの味だけでなく、その料理の栄養面はどうなっているのか、食材は、安全面などの食育の観点から見た評価。そしてレストランの内装、従業員達のサービス、果てには音楽や絵画までを含めて評価を下します。

 

その為、フードアナリストには広い観点を持つと共に、食以外にも深い知識が要求される、レベルの高い資格なのです。

 

フードアナリストの資格取得にあたって

フードアナリストには、初心者レベルの4級からプロレベルの1級まであります。上位の資格ほど高い能力を必要とされますので、じっくりと勉強をして確実に力を付けて行くことが大切です。

 

また、フードアナリストの資格はかなりの専門的な知識になりますので、他の資格とは違って日常に活かせるということは少ないでしょう。

 

ただし、飲食業界、フード業界で生計を立てていこうと考えるならこの資格はあなたの切り札となります。その場合でも、出来るだけ勉強を重ねて高レベルの資格を取得することをオススメします。

 

フードアナリストの活躍場所

フードアナリストの資格は日常生活には活かしにくい知識ではありますが、逆に専門分野で活躍の出来る資格ですので、就職、もしくはスキルアップの資格としては打って付けの資格でしょう。

 

経営者として資格を取得する場合でも、自身の持っている店でのサービスが高いものであるという証明にもなります。

 

飲食業界での活躍を考えると取得して損はない資格とも言えるので、新しい事業を始める、もしくは今後拡大、自分の今の仕事のスキルアップの為に。

 

フードアナリストの資格は食育という観点以外、飲食業界でのビジネス面でも広く要求されていくスキルとなるでしょう。