食育の魅力とは?

産地偽装やレバ刺しでの食中毒事件など、食に関するトラブルは未だに跡を絶ちません。

 

また、最近ではトランス脂肪酸というものに注目が集まっていて、農林水産省のホームページでも特集が組まれるほど注目されています。

 

そんな食に関する知識を持つエキスパートとして、食育というものが挙げられます。

 

食育とは、食に関する知識に長けた方に与えられる肩書のようなものであります。

 

食の先生と言っても過言ではありませんね。

 

そんな食育の魅力とは、どこにあるのでしょうか?また、食育は何が優れたものなのでしょうか?

 

今回は、食育について徹底的に解説してまいります。

 

食育の魅力とは?

人間が物を食べるというのは、生きていくうえで絶対に欠かすことの出来ないイベントの一つです。

 

物を食べることで、そこから栄養素やエネルギーを摂取して、人間の活動をする上での活力となるわけです。

 

その食べるという行動を少し間違うと、人間の体によっては害になります。

 

例えば、ほとんどをデスクワークで完結することができる仕事をやっている人で、仕事以外でも特に運動などもしていないのに、消費するカロリー以上の食事を摂取すれば当然太ってしまいます。

 

その中で、如何にバランスよく偏りなく、安全な食材で食事をできるかを考えるのが、食育の知識を持った方になります。

 

重要なのは、安全な食材というところで単に美味しいや低カロリーというだけにとらわれないのが、食育の重要なポイントです。

 

健康だけではない!

食育では、実は健康だけではなく美容に関する食の知識も持っている人がいます。

 

ヘルシー&ビューティーフードアドバイザーという食育に関する資格があるのですが、食育で美も手に入れようというのがこの資格のコンセプトなんです。

 

外面だけでなく内面から綺麗になれるように、食事のメニューを構築していくことになりますが、自分だけでなく人に喜ばれる事が多いのも、食育の魅力と言っても良いでしょう。