食育のスクール(通学講座)ではどんなことを勉強する?

食育の通学講座や通信講座などはとても多くあります。

 

ですが、それと同時に食育の資格にもとても多くの種類が存在しています。

 

そんな中、具体的にはどのような内容を勉強していくことになるのでしょうか。

 

ここでは、食育の通学講座ではどのような事を勉強するのか、ご紹介していこうと思います。

 

食育の通学講座ではどんなことを勉強するの?

食育の通学講座を開講しているスクールというのは、いくつかあります。

 

食育資格の種類はとても多く、どの資格に対応しているスクールなのかによって、学習内容も異なります。

 

今回は、ヒューマンアカデミーの食育スペシャリスト講座について、見ていきましょう。

 

ヒューマンアカデミー 食育スペシャリスト講座

こちらの講座で取得できる食育資格は、NPO法人みんなの食育が認定する「食育スペシャリスト」という資格です。

 

最短3日で効率よくプロレベルのスキルがマスターできる講座となっており、食育現場で勤務するプロの講師による指導を受ける事が出来ます。

 

こちらの講座で勉強する内容は、以下のとおりです。

 

○食を取り巻く社会の動き…日本の食に関する問題
○メタボリックシンドロームと食育…メタボのメカニズム、予防や改善に必要な食育について
○おとなの食育…アンチエイジングに効果的な食育、高齢社会における食や健康のあり方
○子どもの食育…お箸の使い方や後片付け、食事マナーのしつけなどについて
○食事バランスガイド…健康的な食品の組み合わせなど
○メニュープランニング…食育スペシャリストとして現場でメニュープランニングを行うテクニックなど
○食育情報の収集と発信…様々なメディアから信頼性の高い情報を収集する方法など
○食育プレゼンテーション…仕事で「伝える力」が必要となるため、プレゼンテーションにて身につける

 

このような内容を学習していくことになります。

 

全てを終えると、食育スペシャリスト認定試験を受験します。

 

今回は、食育スペシャリストの資格における学習内容でしたが、他の資格であれば、また違った学習内容となることでしょう。