介護食アドバイザーとは?

現代では高齢化が進んでいる影響からか、介護施設がどんどんと増えています。

 

しかしそういった施設では医療費……施設の状態が良ければ良いほど入居希望者は多く、また入居料の問題もあって希望者が簡単に入れないのもまた事実です。

 

そういった人達の多くは、また入居するまでもない方達は言わば「自宅介護」である状態にあるケースが多いでしょう。そのケースでも色々な問題があるのですが、その内の食事、介護食に関する「食育」資格。介護食アドバイザーの資格の説明をしていきたいと思います。

 

介護食アドバイザーの資格取得にあたって

介護食アドバイザーの資格は、全くの初心者や他の食育の資格を持っていない人でも受講、取得することは可能です。ただその内容は主に介護食、高齢者の介護を意識した内容になっていますので、全てを日常の生活に取り入れられるかと言われればそうではありません。

 

今現在、介護職に就いている人のスキルアップや、家庭での介護を行っている人、もしくは行う予定のある人向けの食育の資格であると思います。特に結婚などで介護職から一時離れていた人が復帰の際に取得していると、再就職した時に役立つ資格であると思います。

 

ただ、現代は高齢化、超高齢化社会と言われていますので、介護職のみならず介護食アドバイザーの資格の活躍の場は多くあるでしょう。

 

介護食アドバイザーの活躍場所

介護食アドバイザーは、高齢者の人達でも食事を楽しんで貰う為の介護食作りの知識を学ぶだけではありません。

 

例えば食事の上で気をつけることとして、喉に詰まらせるなどの症状は高齢者ならではの起こりやすい症状。それを高齢による身体能力、内蔵機能の低下、嚥下時における注意などの多方面での知識を身に付け、なぜ起こるのかを理解した上で対処法を学びます。

 

これらの知識は介護現場だけでなく、いずれあなたの周囲の人達に役立つスキルとなるでしょう。

 

高齢化が進む現代の中で重要視されていく食育、その中の介護食アドバイザーの活躍の場所は、家庭だけではなく社会にまで幅広く広がっているのです。