医療・福祉業界で食育資格を活用するには?

いま注目の資格である食育に関する資格ですが、思っている以上に種類が多い資格でもあります。

 

正しくピンからキリまであるのが、食育資格の特長でありますが、中には医療や福祉の現場で活かすことができる資格もあります。

 

今回は、医療・福祉業界で活用できる食育資格について紹介していきます。

 

医療業界で活かすことができる食育資格は?

医療業界で活かすことができる食育資格は、直接的なものはありません。

 

そもそも、医療業界は資格制度がきちっとしていて、食育以上の知識を持ったスペシャリストがいますので、あまり活躍の場がありません。

 

唯一、食育の知識を活かせそうな業種として、美容に関する業種があります。

 

その中で活かすことができる資格として、薬膳コーディネーターが挙げられます。

 

薬膳コーディネーターは、美容と健康に良い薬膳のメニューに関してプランニングできる資格です。

 

美容に良い食事は何か、そしてどんなメニューを組めばよいのか?というところで、薬膳コーディネーターが活躍します。

 

美容クリニックでは、このような人材を欲しているので、薬膳コーディネーターを持っておけば役に立つことうけあいですね!

 

非常に人気の高い資格でありますが、資格要件もなく誰でも取得できる資格であるのも魅力的な資格です。

 

介護業界で活かすことができる食育資格は?

介護業界で活かすことができる食育資格として、介護食アドバイザーというものがあります。

 

その名の通り、介護食に関するエキスパートとなることができる資格です。

 

例えば、老人ホームなどの食事のメニューを組んだり、家庭で介護が必要な方のメニューを考えたりすることができるようになります。

 

高齢化社会が進む中、介護職への需要がさらに上がってきているので、介護食アドバイザーの需要も当然高くなっています。

 

資格取得においては、薬膳コーディネーターと同様で、特に資格要件はないので誰でも学習を積んで試験に合格すれば取得できる資格となっています。