食育推進全国大会とは?

食育月間である6月に、食育推進全国大会というものが開催されています。

 

ここでは、その食育推進全国大会について、ご説明していこうと思います。

 

食育推進全国大会って何?

食育推進全国大会とは、何かを競うような意味合いではありません。

 

食育推進運動を、重点的かつ効果的に実施しようという、全国規模で行われる行事となっています。

 

毎年6月は食育月間となっており、2日間程度行われることになります。

 

この大会を機に、食育を実践する方が増えることを祈りつつ、開催されているものなのです。

 

2005年に食育基本法が制定され、2006年から始まったイベントです。その後、毎年数万人が参加する大きな行事となりました。

 

食育をテーマとして、講演会、料理体験、展示などなど、国や地方公共団体、関係者団体などが、食育推進のために行っています。

 

中には、高齢者の方や障がい者の方、子ども達との交流などを深めるという内容のものもあります。

 

第1回から第10回までが開催されており、平成28年には、第11回が実施されます。選ばれた場所は、福島県の「ビッグパレットふくしま」です。

 

福島県の食の安心・安全への理解を促し、復興に向けて取り組んでいる姿を県内外に発信し、地域の食文化などについても情報を発信していきたいとしています。

 

第10回開催の「食育推進全国大会inすみだ2015」では、メイン会場プログラム・まちなかプログラム・すみだ食育ひろば・関連企画とされ、まちなかプログラムでは、豆腐つくりや味噌つくりなどの実習も行われました。

 

パパのための一日お料理教室などもあり、食育に興味関心を持つには十分すぎる内容となっていました。

 

第11回開催の、福島県では、どのような内容の食育推進全国大会となるのか、多くの参加希望者の方が楽しみにされていることと思います。

 

この食育推進全国大会を通して、家族の方や自分の健康を見直すきっかけにしていただけたらと思います。