国内企業の食育への取り組み

”食育”という言葉は、今ではさまざまな場所で見聞きするようになりました。

 

それだけ大勢の方からの注目が高まっているとともに、重要課題であることが分かります。

 

地域団体の食育活動などがよく取り上げられているのですが、実は国内の大手企業も積極的に食育に取り組んでいるのです。

 

キッコーマン株式会社

キッコーマン株式会社と言えば、お醤油などでとても有名な企業です。

 

キッコーマンが行っている食育活動としては、以下のようなものが挙げられます。

 

キッコーマンしょうゆ塾

主に小学生や中学生を対象とし、「しょうゆの作り方とそのパワー」「食事を美味しく食べるために」という事について授業を行っています。

 

キッコーマンアカデミー

学校や団体向けにも食育活動を行っており、各分野で豊富な知識や経験をもつ社員が、講義を行っています。

 

その他

ほかにも、しょうゆ工場見学やきっずキッチン、しょうゆづくり体験コースなどなど、様々な食育活動が行われています。

 

雪印メグミルク株式会社

雪印メグミルクグループも、食育活動を行っています。

 

出前授業

小学生を対象とし、授業を通じて給食で出されている牛乳や乳製品の大切さを知ってもらう取り組みが行われています。

 

牛乳の栄養やカルシウムなどの大切さについて学ぶだけではなく、バター作りを行ったり、チーズを試食したりする活動となっています。

 

 

日本ハム株式会社

日本ハム株式会社でも、食育活動が行われています。

 

「食べる事を考えよう!」「自分で作ろう!」などの活動が行われ、「正しく食べる」「食べる事をすきになる」「食べ物を大切にする」ということについて伝えているとのことです。

 

オリジナルウインナー作りなどを通して、作る楽しさを体感できるような活動も行われています。

 

また、キッザニアにも出展しており、小さい子ども達でも使いやすいようにアレンジされた機械を使ってソーセージ作りが出来る様になっています。

 

ソーセージを作るのが楽しかった、美味しかったという子ども達の感想が多くありました。