フードコーディネーターとは?

フードコーディネーターとは名の通りフード、食べ物をプロデュースする仕事、そしてその為の知識や能力を持っているという資格証明書です。

 

食べ物のプロデュースというと少し理解しにくいと思いますので、料理のプロデュースというと想像が付きやすくなるでしょうか?

 

例えばテレビなどの番組で出された料理、とても美味しそうですよね。そう言った料理を盛り付けや演出で美味しそうに見えるようにする、こう言った仕事もフードコーディネーターの仕事なのです。

 

もちろんこう言った仕事はフードコーディネーターの仕事のごく一部、実際にフードコーディネーターは様々な分野で働いているのです。

 

フードコーディネーターの資格取得にあたって

フードコーディネーターは食に関するスタイリストのような仕事を行います。

 

その為、フードコーディネーターの資格はただ食べ物の知識を取得しているだけでなく、効果的な演出方法を考えられるだけのセンスを磨くことが重要になります。

 

時として食器やテーブル、その部屋の状態まで演出することもあるでしょう。

 

フードコーディネーターは食育の資格の中でも個性的、独創的な能力が必要される資格なのです。

 

一般的な食育の資格に加えて、「センス」を磨くことも必要とされる仕事ですので、その分野に興味がなければ資格の取得、そしてその資格で食べていくには厳しいであろうことを理解して下さい。

 

フードコーディネーターの活躍場所

フードコーディネーターは今後、ビジネスとして幅広い世界で必要とされる職業です。

 

例えば飲食店などで料理の盛りつけだけでなく、提供時の演出などに意匠を凝らしている店が今、一風変わったお店として注目を浴びてきています。

 

競争社会である多くの飲食店は、ライバルと変化をつける為、生き残っていく為に新しい取り組みを始めています。そういった店では、また自分がそういった店を経営する為に、フードコーディネーターの資格は必要とされてきています。

 

新しい食品業界を生き残る為に、また新しいビジネスとしてフードコーディネーターは食育の資格の中でも今後注目されていく資格の一つです。