栄養士の資格はどうすれば取れる?

管理栄養士の資格は国家資格となっているため、受験資格を満たした上で、国家試験を受験する必要があります。

 

では、栄養士の資格はどうすれば取得することができるのでしょうか。

 

栄養士の資格を取得する方法とは

栄養士は管理栄養士とは違い、国家資格ではありませんので、当然ながら取得方法も管理栄養士とは異なります。

 

では、栄養士になるための試験を受けたら取得できるものなの?と思われるかもしれませんが、それも違います。

 

実は、栄養士の資格を取得するための試験などはありません。

 

栄養士の資格を取得するためには、栄養士養成課程のある大学などに入学し、卒業することによって資格を取得することが可能となっています。

 

養成課程のある学校としては、大学や短大、専門学校などがあります。

 

学校を卒業しなくてはなりませんので、一番長くて4年、一番短くて2年という期間が必要になります。

 

また、栄養士の資格を取得してから、将来のために管理栄養士の資格も取得したいと考えておられる方の場合には、注意点があります。

 

管理栄養士の資格を取得する場合には、国家試験の受験資格を得るために、管理栄養士の養成課程がある学校に通う必要があります。

 

管理栄養士の国家試験を受験する際には、栄養士の資格が必要となります。

 

栄養士の資格は働きながら取得できるの?

先ほどご説明しました通り、栄養士の資格を取得するためには、養成課程のある学校を卒業しなくてはなりません。

 

その栄養士の養成課程がある学校は昼間のみとなっており、夜間や通信教育などはありません。

 

もし、「今仕事をしているけれど、栄養士の資格を取得したい」ということであれば、仕事を辞めて学校に通うしかないのです。

 

そのため、社会人の方には少し厳しい条件と言えます。

 

働きながら取得するということは出来ないという点だけ、頭に入れておいていただけたらと思います。