「管理栄養士」と「栄養士」の違いとは?

管理栄養士と栄養士、この2つは似ているようでしっかりとした違いがある職業・資格となっています。

 

どのような点で違いがあるのかという事を知っておくことによって、将来進む道も異なるかもしれません。

 

管理栄養士と栄養士には、どのような違いがあるのでしょうか。

 

国家資格かそうではないかの違い

管理栄養士と栄養士の違いの一つとして、国家資格かどうかという点が挙げられます。

 

管理栄養士は国家資格ですが、栄養士は国家資格ではありません。

 

さらに言えば、管理栄養士の資格は管理栄養士の国家試験の受験資格を満たした上で受験し、合格した後、管理栄養士名簿に登録されることによって取得することが出来ます。

 

栄養士の資格は、指定されている栄養士養成学校を卒業しすることによって、自動的に取得できる資格です。

 

このように、資格の取得方法や、国家資格かそうではないかという違いがあります。

 

管理栄養士=専門的な仕事

栄養士は、健康である人を対象として栄養指導や管理などを行っていく事が仕事となります。

 

ですが、管理栄養士は、健康な方だけではなく、傷病者などに対しても、栄養指導や管理を行っていくのです。

 

それぞれの症状や体質などに合わせ、さらに専門的な栄養指導を行っていくのは、栄養士ではなく管理栄養士なのですね。

 

より専門的な知識が必要となるために、国家資格であると言われても納得出来ます。

 

また、栄養士と管理栄養士では、必ず配置しなくてはならないとされている施設の大きさにも違いがあります。

 

栄養士の場合には、継続的に1回に100食以上もしくは1日に250食以上を提供する給食施設の場合に、栄養士を置くようにしなくてはなりません。

 

管理栄養士の場合、そのような施設のうち、1回300食以上もしくは1日に750食以上提供する施設の場合には、栄養士のうち最低でも一人は管理栄養士を配置しなくてはなりません。

 

つまり、管理栄養士はより大きな施設に配置しなくてはならないとされているのです。

 

栄養士とは専門知識の深さが異なりますので、このような違いが出てくるのですね。