食育|家族の健康管理に資格を活用するには?

食育の資格を取得する方の多くは、主婦の方々だとされています。

 

その理由は、家族の健康管理に活用できるからということになるのですが、具体的にはどのように活用していくのでしょうか。

 

食育資格は家族の健康管理に大いに役に立ちます

スーパーやファミリーレストラン、外食店、ファストフード店、コンビニなどなど、とても多くのお店があり、多くの方が活用しています。

 

毎日これらのお店で食べる習慣があるという家庭は少なく、家庭内で食事をするということが多いと思います。

 

部活の帰りにコンビニのお弁当を食べたり、仕事帰りに牛丼屋で食べたりと、自宅に戻るまでにお腹を満たす方もおられる中で、家庭のお母さん達は健康を気遣ったご飯を日々提供しています。

 

それは、旦那さんや子ども達が外食することが多いとしても、やはり家庭の味で疲れを癒してほしいという願いや、健康的に生活してほしいという願いがあるからです。

 

仕方なく外食で済ませた日があっても、やっぱり奥さんやお母さんの手料理が一番美味しい!と思ってもらえることは、とても嬉しい事だと思います。

 

その一番美味しいご飯を、もっと健康を維持できるようなメニューや調理の仕方にしたいという理由から、主婦の方が食育資格を取得されることが多いようです。

 

食育資格を取得するために学習を進めていく中で、健康維持のための食材の選び方、調理の仕方、子ども達に食の正しい理解を深めてもらうための方法などを学ぶ事が出来ます。

 

そしてそれを、すぐに家庭の食卓で実践することができるというのは、とても大きな活用法なのではないでしょうか。

 

食育について学んでいれば、ただ健康を維持するためだけの食事というわけではなく、美味しいと思ってもらえるような食事とすることが出来ますし、レパートリーも増えます。

 

薬膳などの知識があれば、体調不良の際や、生活習慣病の予防などにも活用することが可能です。

 

思春期の女の子がおられる家庭であれば、荒れた肌に良い料理を食べさせてあげることも出来ます。

 

このように、食育資格は家族の健康管理や笑顔のために、大いに活用することが出来ます。