食育の資格が人気の理由とは?

食育の資格が人気の理由は 3 つあります。それは、「豊富な知識とスキル」「民間」「主婦層」です。

 

豊富な知識とスキル

まず最初に、食育資格は「豊富な知識とスキル」を有しています。「食」の乱れが叫ばれる現代にあって、「食」についての正しい知識と実践能力は必要不可欠のものとなってきました。

 

食育資格は「資格」というよりも、これからの時代を生き抜く為の「サバイバル術」と言っても過言ではないかもしれません。

 

それほどに食育資格を通して学べる知識とスキルは、一般の人々の間でもその重要度が認知されるようになりました。

 

食育資格の人気の土台となっているのは、現代に生きる私たちが求めている知識とスキルなのです。

 

民間資格

次に「民間」です。今ある食育資格の全ては「民間資格」です。民間資格とは、一般の企業や団体が主催して認定している資格のことを言います。

 

この資格を取得するメリットは、「取得のしやすさ」が挙げられます。国家資格は、受験資格に専門学校や大学卒業を条件にする場合がほとんどです。

 

しかし、それに対して民間資格は、受験資格が特に設けられていないことが多いので誰でも受験することができます。

 

もちろん国家資格の方が就職や転職に有利ですが、最近では少しずつ民間資格も社会的な地位を確立しつつあります。食育資格の種類によっては、就職・転職先へアピール力を有するものもあります。

 

アピール力が強い食育資格は、「フードコーディネーター」「フードアナリスト」、新しい資格ですが「スポーツフードアドバイザー」などがあります。

 

主婦の味方

最後に「主婦層」です。先述したように、食育資格は民間資格なので比較的に取得しやすい資格です。そのメリットは、家事や育児で忙しい主婦層からも大きな支持を得ているのです。

 

また食育資格の多くは、資格認定を行っている企業や団体と通信教育業者が協力しており、通信講座を修了すれば認定証を発行してもらえるシステムを構築しています。このシステムなら主婦の方々でも気軽に空き時間を使って資格取得を目指すことができます。

 

これらのような「私たちが生きていく為の知識」「気軽に資格取得できるシステム」が、食育資格の人気を支えている理由なのです。