食育活動にはどんなものがある?

食育活動は、今とても盛んに行われているものであり、一度は耳にしたことがある言葉なのではないでしょうか。

 

この食育活動、なんとなく言葉の意味は分かるけれど、「具体的にはどんなものなの?」と疑問をお持ちの方もおられると思います。

 

そこで、食育活動には具体的にどのようなものがあるのか、ご紹介していこうと思います。

 

食育活動って具体的にどんなものがあるの?

食育活動にはとても様々な取り組みがあります。

 

食材の大切さ、栄養、歴史などについて学ぶ

例えば、トマトや牛乳などの栄養や歴史、その食材がどうして大切なのかという事などを学びます。

 

対象となるのは主に小学生の子ども達や、保育園、幼稚園の子ども達なのですが、小さな子ども達にも分かりやすいように説明されています。

 

企業などが出張講義のような形で、子ども達に分かりやすい説明を行ってくれる食育活動もあります。

 

また、保育園や幼稚園などにおいて、保育士の方や先生が子ども達に分かりやすく説明を行うという活動も行われています。

 

実際に食材から食べ物を作る

実際に牛乳などからチーズやバターなどを作るというような活動も、食育活動の中で行われています。

 

これは主に企業が行っていることが多いのですが、小学校で行われる調理実習なども食育活動に含まれると言えます。

 

子ども達に、その食べ物について一通りの説明をした後に、実際にその食べ物を使用して調理することによって、見て・聞いて・作って・食べるという食育が可能となります。

 

食べ物の大切さや作る楽しさというものを、実際に体感してもらうために有効な食育活動と言えます。

 

遊びながら食べ物について学ぶ

保育園や幼稚園では、食べ物の栄養などについて書かれているカルタなどを使用し、食育活動が行われていることもあります。

 

遊びながら学ぶことによって、子ども達の頭にすんなり知識が入っていきますし、遊びながら覚えたことというのはなかなか忘れるものではありません。

 

小さな子ども達に一生懸命説明するよりも、実際に一緒に作ったり、遊びながら覚えたりという方法のほうが言いこともあるようです。