食育インストラクター試験の出題内容は?

食育関連の資格は様々な資格があり、それぞれの認定団体が個別に認定している民間資格となります。

 

これらの民間資格を取得するためには、試験に合格しなくてはなりません。

 

試験があるということは、その試験でどのような問題が出題されるのかということが分からなくては試験対策を行う事が出来ません。

 

そのため、試験内容について知っておく事はとても大切になります。

 

では、食育関連の資格の一つである、「食育インストラクター」の試験の出題内容にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

食育インストラクター試験とは

食育インストラクター試験は、NPO法人 日本食育インストラクター協会が認定している資格です。

 

食育を基礎から学び、日常生活に活かしていくことができるようになります。

 

また、自分に合った方法で食育を学べるというのも、特徴となっています。

 

食育の理解や実践レベルなどによって、食育インストラクター資格は5段階に分けられています。

 

1級

食育全般に関しての広い知識や、料理・栄養・健康などに対する専門知識を持ち、普及活動が出来る。

 

2級

食育に関する幅広い知識をもち、基本的な知識について分かりやすく伝える事が出来る。

 

3級

食育の大切さを理解し、料理の技術を向上させて、生活の中で食育を実践したり伝えることが出来る。

 

4級

食育の基本から、家庭料理の基礎技術を学び、生活に活かすことができる。

 

プライマリー

通信教育にて食育の基礎知識を学ぶ。

 

プライマリーを取得するには、指定の通信講座を修了する必要があります。

 

4級から1級までは、それぞれ自分にあった資格取得方法を選ぶ事が出来ます。

 

例えば、推進校に通学したり、調理実習と筆記試験を受験したり、特定の国家資格があれば研修会を受講するという方法もあります。

 

食育インストラクター試験の出題内容は?

では、出題内容について見ていきましょう。

 

1級

1級資格認定研修会を受講し、食育筆記試験や活動報告、食育レシピ提案などがあります。

 

2級

2級資格認定研修会を受講し、食育筆記試験を受験、調理実技と筆記試験などがあります。

 

3級

調理実習受講や食育授業受講、食育筆記試験、3級資格認定研修会などがあります。

 

4級

調理実習受講、食育授業受講、食育筆記試験などがあります。

 

これらの試験内容は、実は取得方法によって異なるのです。

 

自分がどのような取得方法にしたいかということを明白にし、事前にどのような試験が行われるのかを確認しておく必要があります。