【食育】どんな人が資格を取得する?適正はある?

食に関する資格は実に種類が多く、その用途も多種多様となっています。

 

例えば、調理師免許はプロの調理師として活躍できるものなのですが、もちろん誰でも取得できるものではありません。

 

また、栄養士も食に関する資格になるのですが、こちらは試験などはないものの栄養士養成施設での講義を受ける必要があります。

 

ちょっと敷居が高い・・・そうお考えの方に、もう少し身近な資格として食育に関する資格があります。

 

食育は完全に世間的に定着した考え方で、食で健康を維持していこうというところをコンセプトとしています。

 

その流れを受けて、食育資格が次々と登場してきており、需要もどんどんと高まっている、注目すべきジャンルになります。

 

そんな食育資格は、どのような人が取得する資格なのでしょうか?

 

また、適正としてはどのような人が取るべき資格なのでしょうか?

 

食育資格を取得する人は?

食育に関する資格を取得する人とは、やはり仕事上で食に関するところに関わっている人が多いです。

 

特に、医療や介護業界では、病院や老人ホームなどで提供する食事のメニューを考えたり、その人にあった食事を提供したりするケースがあります。

 

介護に限定した資格として、介護食アドバイザーというものが用意されているので、特に密接に関わっているといえます。

 

よって、医療や介護の職に関わる方に食育の資格を所有している場合があります。

 

他には、美容に関して興味を持つ主婦の方が、美に関する食育資格を取得する事があります。

 

これは、自分だけでなく主婦仲間の中で話題作りというところで取得されるケースもありますが、プロ顔負けの知識を得ることができる資格なので人気が高くなっています。

 

食育資格の適性とは?

食育資格を取得する上での適正という面を考えてみると、まずは食に関する興味や感心がある方で無いと取得できません。

 

例え取得できたとしても、その知識を活かす場面がなければ、取得する意味がありません。

 

また、食育資格を持つ方は人にその知識を伝えるというのも重要な職務になります。

 

よって、ある程人に伝える能力が無いと適性があるとはいえませんね。