保育園で行われている食育活動

「食育」とは、食に関する正しい知識と実践能力を身に付けて、健康的な食生活が送れるような人間を育てることを目的としています。

 

現在の日本人の食生活はかなり乱れており、肥満、偏食、過度なダイエット、朝食を摂らない子どもが増加するなどの問題が多発しています。

 

そして、これらの不規則な食生活が影響して子どもの教育にも多大なダメージ、損失を与えている現状があります。

 

このことから、現在は特に保育園にて「食育」の活動が急速に進められています。

 

給食現場で行われる細やかな教育

いまの保育園で行われている食育活動は、実に細やかな部分にまで配慮されています。

 

まず「給食」ですが、これは幼児教育には欠かせない重要な時間なのです。給食によって学べることは多くあります。

 

「食事を通してのコミュニケーション」「食事マナー」「食を楽しむ気持ち」「規則正しい食生活リズムの習慣化」「偏食なく食べられること」「食べ物に興味を持つこと」「食事作りや準備に積極的に関わること」などです。

 

特に食生活リズムを習慣化させる為には、「空腹感」を食事の時間に合わせることが必要です。子どもは空腹感を得ることによって、食を楽しむ気持ちが形成されていくようです。

 

また近年の給食は、アトピーやアレルギー体質の子どもが増えていることを考慮して「和食」メニューが取り入れられています。

 

味噌汁や納豆などの発酵食品は、医学的にもアトピー対策になることが実証されているので、保護者の方々も安心して子どもを保育園に預けることができます。

 

今後もさらに食育活動による子どもたちと保護者へのサポートが充実していくことでしょう。

 

野菜栽培活動を通しての教育

また野菜を栽培して収穫する体験プログラムも一年を通して積極的に行われています。

 

地元農家と連携して、米作りやトマト、なす、玉ねぎ、さつま芋などを苗植えから収穫までのプロセスを子どもたちに経験させて、食材が出来るまでのプロセスを学びます。

 

食べ物を育てる大切さや苦労が理解できることで、食べ物を粗末にしない気持ち、思いやりを育んでいくことができます。食育活動の充実度は、今後の保育園選びの重要な要素になっていくかもしれません。