食育の資格を取得するには?

健康志向が続く昨今、食に関する関心が更に高まっているのをご存知でしょうか?

 

食生活を見直すことで、自然と健康的な生活を送ることができるようになるということで、国としても食育というフレーズを用いて食に関するキャンペーンを展開しています。

 

その流れを受けて、食育に関する資格も続々と登場していて、多くの方が食育資格を取得されています。

 

そんな食育資格ですが、実に多くの方法で取得することができるのですが、今回はどのように取得できるかについて解説したいと思います。

 

初心者向けの食育資格を取得する方法は?

食育資格には、誰でも取得できる初心者向けの資格が存在しています。

 

食育コーディネーターという資格があるのですが、名前だけ聞くと難しそうなものに感じますが、実は誰でも取得できる資格なんですよ。

 

食育コーディネーターの例で紹介していくと、資格要件は一切ありません。

 

一般的な取得方法としては、通信講座で約4ヶ月間の学習を積みます。

 

食育コーディネーターの場合は、通信講座を受けることが資格試験の要件となります。

 

その後、認定し家を受講することになります。

 

見事合格すれば、食育コーディネーターの資格を取得することができます。

 

なお、通信講座を受ける必要も無い食育資格も存在しています。

 

上級の食育資格を取得する方法は?

食育資格には、資格を持っているだけで飯を食っていけるような高レベルの資格も用意されています。

 

有名なのが、フードコーディネーターで飲食業界の方なら知らない人がいないくらいの資格になります。

 

フードコーディネーターの場合は、栄養士の方も取得を目指すような資格なのですが、まずは通学講座などで知識を得ておく必要があります。

 

その後に、認定試験を受けて見事に合格すれば資格取得できます。

 

実は、フードコーディネーターにはレベルがあって、更に上級のフードコーディネーターの資格を取得する場合は、まずは3級から取得することになります。

 

このように、同じ資格でもレベルがある場合があるので、取得に関してよく確認する必要があります。