食育を学ぶためのおすすめの絵本

食育を行うにあたり、どのような方法をとればいいのか分からないという方は多いのではないでしょうか。

 

子どもに対し行う食育の方法の一つとして、食育を行うための子ども向けの絵本があります。

 

ここでは、食育を学ぶためのおすすめの絵本について、ご紹介していきます。

 

食育を学ぶためのおすすめの絵本(子ども向け)

子ども向けの食育を学ぶ本として、以下のようなものがおすすめとなります。

 

いいおかお(0歳児程度)

こちらの絵本は、様々な動物達が、自分が好きな食べ物を食べる際に「いただきます」と笑顔で挨拶する絵本です。

 

0歳児程度の子どもに、いただきますの言葉を覚えてもらうために、とてもおすすめの本となっています。

 

しろくまちゃんのホットケーキ(1歳児〜3歳児程度)

しろくまちゃんがお母さんと一緒にホットケーキを作るという絵本です。

 

ホットケーキが焼けていく工程が、擬音とともに並んでいる可愛らしい絵本となっています。

 

タマゴが割れてしまうという内容も含まれており、とても親しみやすい絵本です。

 

おいしいもののすきなくまさん(1歳児から2歳児程度)

おいしいものが大好きなくまさんのお家で、モモちゃんがあったかいシチューを食べるという絵本です。

 

ゆっくりよく噛んで食べるという大切さも伝える事が出来る絵本となっています。

 

やさいのおなか(2歳児程度)

こちらの絵本は、やさいの断面図がかかれており、これなあに?と子どもに問いかけることが出来る絵本です。

 

トマトやレンコン、キャベツなどの11種類のやさいのおなかが描かれています。ページをめくると、色鮮やかな野菜が描かれています。

 

この絵本を通して、クイズ形式で野菜のことを知り、どんどん覚えていく事が出来ます。

 

これを機に、野菜が好きになるという子どももいるくらいです。

 

このように、多くの絵本が食育におすすめとなっています。

 

他にも様々な内容のものがあるのですが、保護者の方にとっては教育上どうなの?と疑問に思う内容のものもありますので、一度手にとって確認してから購入するようにしてください。