「食育遊び」にはどんなものがある?

今、食育というのはとても注目されているものです。

 

この食育を行うにあたり、遊びを取り入れつつ食育を行うという「食育遊び」を行っているという方も多いのではないでしょうか。

 

ここでは、食育遊びについて、どのようなものがあるのか、ご紹介していこうと思います。

 

食育遊びにはどんなものがある?

食育遊びを行うにあたり、まず注意しておきたい事として、食べ物で遊ぶことが無いようにすることです。

 

当然ながら、食べ物を遊びの道具としてしまうような教育を行ってはいけません。

 

食育遊びには、食べ物に関する事は取り入れますが、実際に食べ物を投げたりして遊ぶという事ではありませんので、注意してください。

 

食育遊びを代表するものとしては、カルタがあります。

 

カルタに、食材や食べ物の絵を描き、それぞれに合ったカルタの内容に仕上げていきます。

 

カルタで遊びながら、子ども達が食べ物について知ることが出来る様に工夫されているものです。

 

おもちゃの野菜などを使用し、お店屋さんごっことして、食育遊びを行うというものもあります。

 

先生や両親が買い物客となり、「○○に良い野菜をください」と言うことで、子ども達がそれにあった野菜を選ぶというものです。

 

子ども達から見える場所に、野菜の栄養素や働きなどをまとめたものを置いておくと、覚えやすいですし、お店屋さんごっことして楽しむことができます。

 

また、カレーや豚汁のイラストを作成し、この中には何の食材が入っているのかという事を、子ども達に答えてもらうというのも、食育遊びの一つです。

 

答えてもらわなくても、食材のイラストを別で作り、それを献立のイラストの上においてもらうという方法でもいいですよね。

 

どのような方法で食育遊びを行えば、子ども達が自然に学ぶ事が出来るのかという事を考え、工夫しながら取り組んでみるのがいいと思います。

 

人気のあった遊びは、その後もさらに工夫し、子ども達が無理なく学べるようにしていくことも大切です。