食育の資格を取得するとどんな所に就職できる?

食育という活動が一般の人々の間にも広まっている中で、少しずつ食育資格も注目され始めました。今では 10 種類以上の資格が誕生し、その内容は教育・ビジネス・医療や福祉と多岐に渡っています。

 

では、食育資格を取得するとどのような就職先があるのでしょうか?

 

飲食業界での就職

まず飲食業界での就職が可能になります。いまの世の中にあってニーズを高めているのが、「健康食」です。

 

ただ美味しいだけでなく、栄養バランスにもこだわっていることをレストランに足を運ぶお客さまは注目しています。特に女性や主婦の方たちはこの情報にとても敏感なのです。

 

なぜなら外食で注意を配らなければいけない点が、家族の健康管理だからです。ホテルやレストランでは、幼児も利用する機会が多くあります。また生活習慣病を抱えている人は食材や調理法などに気を使っています。

 

飲食業界では、これらのニーズを持つ女性と主婦層をターゲットにして健康的なメニューを提供するために食育資格を取得した人材を求めています。

 

教育現場での就職

次に教育現場での就職が可能です。保育園や学校での給食は、変革期を迎えつつあります。それは子どもの成長やアレルギーを考慮した給食メニューを提供する必要に迫られているということです。

 

現在では多くの学校が、子どもの発育に合わせた栄養バランスの良いメニューを考えてチャレンジしています。小さい子どもであっても肥満になったり、生活習慣病を抱えるというケースが増加しています。

 

生活習慣病を予防するには糖分や脂肪分を抑制しなければいけません。子どもの成長に必要な栄養素を考慮して給食メニュー作りが行える人材が必要とされているのです。

 

医療・福祉への就職

最後に医療・福祉の現場で就職が可能になります。高齢化社会が急速に進んでいる中で、高齢者のケアができる人材を多く育てなければいけません。高齢になった方々の健康を支えるには、「食」というものは欠かせない存在です。

 

お年寄りでも楽に食べられるような調理方法や栄養学などの知識とスキルを有した人材は、今後もさらに需要が伸びることが見込まれます。

 

これからも活躍の場を更に広げる食育資格をぜひ取得してみて下さい。