【食育の資格】試験の合格率はどれくらい?

最近は、資格取得を趣味としている方も世の中にはいらっしゃるのをご存知でしょうか?

 

お金と時間に余裕のある方が、自分の知識を高めようとしたり単に肩書が欲しいなどの理由で、資格を取得するケースがあります。

 

ただ一方で、資格ビジネスを狙った詐欺も横行しているのが実情です。

 

本当に必要な資格ばかりではないのが、この日本での実情であるのですが、そんな中で最近需要の高まっている資格として食育資格が挙げられます。

 

食に関する関心が高まる中で、食育を国策として掲げており、それに関した資格が次々と誕生させています。

 

そんな食育資格ですが、どれもが試験を受けて合格しないと資格を取得できません。

 

では、試験の合格率はどの程度のものとなっているのでしょうか?

 

食育資格の合格率はどの程度?

まずは、食育資格の取得方法を紹介します。

 

殆どの資格が、通学講座や通信講座を受講する事になります。

 

中には、指定された講座を受講しないと取得できない資格もありますし、逆に講座を何も受けなくて独学で学習することもできる資格もあります。

 

学習を積んだあとは、実際の試験を受講することになります。

 

試験と言っても、ほとんどが自宅で受験することができるものがほとんどです。

 

しかも、テキストを見ながら回答できるものもありますので、その点では難易度は高くありません。

 

但し、記述式の設問も多いので、誰でも取得できるほど甘くはありません。

 

その後、採点を受けて合格ラインに到達していれば、資格取得となります。

 

合格率は殆どが公開されていないのですが、70%以上は間違いなく合格できる内容になっています。

 

合格率が公開されている資格は?

殆どが合格率が公開されていないわけですが、フードコーディネーターという資格は合格率が公開されている数少ない食育資格です。

 

フードコーディネーターは3クラスある資格なのですが、最も初級の3級ですと80%の合格率であります。

 

その上級である2級ともなると、合格率が減るわけですがそれでもそこそこの合格率であると見られています。