最短で食育の資格を取得するには?

最短で食育の資格を取得するには、2 つの方法があります。それは「通信講座」と「独学」です。

 

食育のほとんどの資格は通信講座とセットになっており、だいたい 3 ヶ月ほどでの取得が可能です。独学でも同じ程度、またはそれ以上の期間が必要となるでしょう。

 

食育資格の取得を目指す場合、独学よりも通信講座を選択した方が良いかもしれません。その理由は 3 つあります。それは「効率性」「低価格」「教材不足」です。

 

効率性を高める通信講座

最初は「効率性」です。独学は自分のペースで勉強ができるというメリットがありますが、その一方で無駄が多くなるリスクを抱えています。我流で進めていくことで、なかなか要点を絞りきれないままで試験を迎えるというケースも珍しくありません。

 

その点、通信講座はあらゆるデータを元にして学習の「効率性」を高めてくれるカリキュラムを構成しています。しかも、食育資格は主催の企業・団体と連携しているので、認定試験の出題傾向が通信講座の教材に反映されているのです。

 

食育資格の取得を目指す人にとって、通信講座はこれ以上ない大きなメリットを持っているのです。

 

最短コースをお金で買う

次に「低価格」です。独学で掛かる費用は、基本的に「教材費」と「受験料」のみです。教材に関しては自分で取捨選択できるので、コストを最低限に抑えて学習することが可能です。

 

しかし、独学はその分だけ学習の効率を自分で工夫する必要があり、その分だけ「時間」も掛かってしまいます。この「時間」は「お金」で対価交換できます。それが「低価格」で提供されている通信講座なのです。

 

独学よりもお金は掛かってしまいますが、資格取得までの最短コースを走れます。またキャリア カレッジ ジャパンという通信教育では、1 つめの資格に合格できたら 2 講座目からは無料というシステムが採用されています。

 

食育資格は、資格 1 つだけでは就職先へのアピール力に欠けているので、2 つ以上あれば就職にかなり有利になるのです。

 

通信講座は最短で取得する目的に見合う、またはそれ以上にリーズナブルな価格を実現しているのです。

 

市販教材が出回っていない

最後に「教材不足」です。実は食育資格に関する市販教材は、まだほとんど出回っていないのが現状です。「教材不足」という点が、食育資格での独学をオススメできない一番大きな理由かもしれません。

 

これは食育資格のほとんどが通信講座と連携していることもありますが、比較的にまだ新しい分野の資格なので学習環境が追いついていないことも挙げられます。

 

以上 3 つの理由から、食育資格を最短で取得するには通信講座をオススメします。