食育の仕事に必要な知識とスキル

食育資格を取得すると、多くの分野での就職や転職が可能になります。しかし、各仕事に応じて必要とされる知識やスキルは違ってきます。

 

では、具体的にどのような能力が必要とされるのでしょうか?

 

土台である「食」の知識

まず最も基本である「食」全般に関する知識です。これは食育の仕事に携わるための必要最低限の知識です。

 

栄養学や食材の利き目などの能力を有していれば、食育の仕事で関わる人たちとも円滑にコミュニケーションを取ることができます。

 

「食」についての正しい知識と実践能力を身に付けておけば、料理教室やセミナーを開講することができます。実績を積めば、保育園や学校などの教育現場、メディアからもオファーが掛かることもあります。

 

ビジネスに必要不可欠な「経営力」

次に将来に飲食店を経営しようとしている人に必要なスキルは、「経営力」です。「食」の知識や調理方法を習得しているだけでは、ビジネスとして成功させることはできません。

 

ビジネスに必要なマーケティング能力、感覚を磨いてこそ飲食店経営が成り立つのです。

 

経営力を身に付けることができる食育資格として代表的なものが「フードコーディネーター」です。フードコーディネーターとは、食品開発、レストランプロデュースなどを手掛けるプロフェッショナルです。

 

「食」のビジネスには必ずと言っていいほど、フードコーディネーターの存在があります。ヒトやモノなどのビジネスに必要な要素を繋いでいく役割を担っていますので、コミュニケーション能力にも長けておくことが求められます。

 

高齢者の気持ちを汲み取る「心理学」

最後に医療・介護の現場で求められる「心理学」です。意外かもしれませんが、医療・介護の現場で働く場合、「心理学」の知識を有していると患者さん達や高齢者の方たちとコミュニケーションを上手に取ることができます。

 

その仕事で代表的なのが「介護食アドバイザー」です。介護食アドバイザーでは、病気や症状に合わせた療養食メニューを作る必要があります。

 

医師と患者・高齢者の間に入って適切な食事メニューを作るためには、双方の求めているものを聞き出してバランスを取りながら形にしていかなくてはいけません。

 

心理学の知識とスキルを有していれば、それらのニーズに応えることが可能となるのです。