食育スペシャリストとは?

食育スペシャリストとは、正に読んで字のごとく、食育のスペシャリストであるという資格です。この食育スペシャリストの資格には深い食育の知識だけでなく、その知識を誰かに伝える、教える、プレゼンテーションのスキルも必要になってきます。

 

食材の選び方、その調理方法、対象の状態や年齢を考えて行うメニュープランニング能力。これらの「食育」の基本である知識を深く理解していなければ、それを他人に分かりやすく伝えることは出来ません。

 

正に名前に恥じない、「食育」の知識が必要になってくるのです。

 

食育スペシャリストの資格取得にあたって

資格の取得にあたって必要な資格などは特にありません。

 

しかし上級食育指導士と同じく、事前に何らかの「食育」の知識を得ている方がより深く、分かりやすく講義を受けられるであろうことは言うまでも無いでしょう。

 

言わば食育スペシャリストのベースとなる知識となる訳ですから、出来るだけしっかりとした知識、技能を持っている、身につけていくことが重要になります。

 

食育スペシャリストは近年では栄養士と同じように、講義を行なって様々な人達にその知識を広めていくことが出来る様になってきています。

 

その時に役に立てるように、他人に説明出来るだけの知識は必要となります。

 

食育スペシャリストの活躍場所

前置きしたように、食育スペシャリストの活躍の場は広まりつつあります。

 

食生活が乱れてきている現代だからこそ、多くの人々が食事に興味を持ち、栄養面に気を配る考えを持ち始めてきています。

 

そんな人達に講義という場で「食育」を広めること、教えることが食育スペシャリストの仕事です。

 

その為にも、食育スペシャリストには高いプレゼンテーション能力が必要となります。

 

どの知識が求められているか?どう説明したら分かりやすいか?議題に沿った内容は?その知識を必要とする場所で、どうやって伝えていくか。

 

食の知識だけでなく、それを広めるスキルもしっかりと身に付けることで、幅広い分野での活躍が出来るようになるでしょう。