食育を学ぶ際のおすすめ教材

食育資格を取得するには、通信講座と認定試験がセットになっているケースが多くあります。

 

そのシステムを採用しているのが、「ユーキャン」「たのまな(ヒューマンアカデミー」「キャリア カレッジ ジャパン」です。これらの通信教育の中から今回オススメしたいのは「キャリア カレッジ ジャパン」です。

 

では、どのような教材で学習できるのかを見ていきましょう。

 

種類豊富な食育資格講座

キャリア カレッジ ジャパンでは、食育に関する資格が豊富に揃っています。

 

「幼児食インストラクター養成講座」「食育アドバイザー」「スポーツフードアドバイザー養成講座」「マクロビオティックセラピスト」「薬膳インストラクター」「中国漢方ライフアドバイザー」「上級食育指導士」「介護食アドバイザー」「ベジタブル & 雑穀 ビューティーフードアドバイザー」「雑穀 & 薬膳 ヘルシーフードアドバイザー」「トータルフードコーディネーター」「雑穀マイスター」「家庭料理スペシャリスト」などがあります。

 

セットで更に低価格を実現

キャリア カレッジ ジャパンをオススメする一番のポイントは「教材費の安さ」です。食育資格の場合、就職や転職を目的として取得するなら 1 つの資格を取得しただけでは、アピール力に欠けてしまいます。

 

それを補うために 2 つ以上の資格を取得すると、周囲と差別化を図ることが出来て就職に自信を持って臨むことができます。それをサポートするのが、「 W 資格対応 」というシステムです。

 

「スポーツフードアドバイザー」の場合、上級食育指導士もセットに取得するプランがあり、64,000 円で受講できます。

 

ユーキャンの場合、養成講座を受講するのに約 40,000 円の費用が掛かるので、このセットプランがいかにお得な料金で提供されているかが分かります。

 

教材内容の評価

では、肝心の教材内容はどうなのでしょうか?

 

まずテキストですが、食育資格の受講者からは「要点がまとめられていて分かりやすかった」と好評を得ているようです。ただイラストや図解などがユーキャンなどの教材と比べると少ないようで、無味乾燥・単調のイメージが持たれています。

 

しかし、DVD 教材で講師が分かりやすく説明してくれるので、モチベーションを保てる工夫が施されています。また問題集やガイドも「学習しやすい」「他の通信講座より無駄がなかった」など支持されていました。

 

まだ始まって間もない企業ですので、今後の教材改良に期待しましょう。