食育資格の種類はどんなものがある?

料理をする親子イラスト

近年、「食育」という言葉が注目を集めています。

 

これは 2005 年に制定された「食育基本法」がキッカケと言えますが、その背景には食の重要性が国民の中で薄れてしまったことがあげられます。

 

栄養バランスの偏りカロリーの過剰摂取食に対する感性の低下危険添加物の安全性など、現代に生きる私たちの食生活は、さまざまな危険にさらされているのです。

 

そこで、これらの問題を正しい方向に導く「人材育成」を目的として、多くの食育に関わる資格が誕生しました。

 

現在、食育資格にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

食育資格は全部で 15 種類

代表的な食育資格は全部で 15 種類あります。

資格 認定団体 講座
食育実践プランナー 日本味育協会 ユーキャン
食育インストラクター 日本食育インストラクター協会 がくぶん
食育アドバイザー 日本能力開発推進協会 キャリアカレッジ
上級食育指導士 日本食育協会 東京カルチャーセンター
食育メニュープランナー 日本技能教育開発センター ヒューマンアカデミー
食育スペシャリスト みんなの食育 ヒューマンアカデミー
フードコーディネーター 日本フードコーディネーター協会 レコールバンタン
フードアナリスト 日本フードアナリスト協会 LEC
介護食アドバイザー 日本能力開発推進協会 キャリアカレッジ
薬膳コーディネーター 本草薬膳学院 ユーキャン
国際薬膳食育師 国際薬膳食育学会 がくぶん
薬膳マイスター 国際薬膳食育学会 がくぶん
醸しにすと ホールフード協会 がくぶん
マイクロビオティックセラピスト 日本能力開発推進協会 キャリアカレッジ
食生活アドバイザー FLAネットワーク協会 ユーキャン
ヘルシー&ビューティーアドバイザー フードマネジメント協会 ヒューマンアカデミー

 

おすすめの資格はどれ?

主婦のイラスト

「この中で、おすすめの食育資格はどれですか?」

 

「食生活アドバイザーと食育実践プランナー、わたしに向いているのはどちらですか?」

 

よくこのような相談をされることがありますが、同じ食育関連でも、資格によって専門的に学べる分野や身につけられる知識が全く違います。

 

例えば、

 

・家族の健康や安全を守るため資格を取得したい
・自分の美容と健康のために食事法を学びたい
・添加物の危険性や体に対する影響について学びたい
・高齢者向けの献立や栄養管理について知識を深めたい
・食に関わる仕事にチャレンジしてみたい

 

などなど。

 

食育を学ぶ目的は10人10色、一人一人異なるのは当然です。

 

せっかく勉強して資格を取ったにも関わらず、よくよく調べてみたら他の資格の方が自分の興味のある分野だった…なんてことになったら最悪ですよね。

 

そんな事態に陥らないためにも、事前にそれぞれの資格の特徴についてよく調べ、確認しておく必要があります。

 

しかし、これら多くの種類がある中から、自分の興味のある分野、学びたい分野に最も適した資格を探すのは時間も労力もかかり大変です。

 

自力でネット検索するにも限界があるし、どうしても抜け漏れが出てきてしまいます。

 

そんな時に便利なサービスが、資格に特化した一括資料請求サイト「ブラッシュアップ学び」です♪

 

一括資料請求サイトを利用するメリット

資格別の特徴を一覧で比較できる
複数の講座資料を一括でお取り寄せできる
資料には役立つ情報が分かりやすく書かれている
資料請求後、面倒な営業電話などがかかってこない
サービスはすべて無料

 

まずはすべての資格の資料を取り寄せよう!

食育パンフレットのイラスト

食育に興味のある方は、一括資料請求サイトを利用して、気になる資格の資料をすべて取り寄せてみることからはじめましょう。

 

資料には、資格の概要や活かし方、試験内容、難易度、学習スケジュール等など…

 

自力で調べるには大変な情報が分かりやすく丁寧に書かれているので、興味のある資格が、本当に自分に合ったものなのかを確認するのに役立ちます。

 

他にも、「簡単なレシピ集」「専門家のコラム」「食育業界の最新事情」などが写真やイラスト付きで豊富に掲載されているので、雑誌感覚でパラパラと目を通すだけでも新しい発見があって勉強になりますよ。

 

実際に資料を請求してみました♪

パンフレットの画像

ロゴ(ブラッシュアップ学び)画像
まずは、サイトの中から、気になる講座にチェックを入れて、住所を入力…ほんの1〜2分の作業で、「食生活アドバイザー」「食育実践プランナー」「食育アドバイザー」など、合計8つの講座から資料が届きました♪資格選びで失敗することがないよう、念入りに中身を確認することをおすすめします。

 

詳細ボタン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【当サイトについて】

食育資格はすべて民間資格なのですが、認知度・人気ともに発展途上の分野なので就職や転職に役立つ十分なアピール力を持つには、まだまだ時間が掛かりそうです。あくまでも就職している仕事のスキルアップや日々の生活・健康管理が出来るようになることを目標にして、資格取得を目指しましょう。上記に挙げた食育資格の中で比較的に就職、転職に役立つ資格として注目したいのは、「ヘルシー & ビューティーフードアドバイザー」です。この資格の特徴は、いま急速に発展しているフィットネスクラブへの就職に強みを持っている点です。フィットネスクラブのトレーナーやインストラクターは運動やトレーニングに関する知識はもちろん、栄養学の知識にも長けておくことが求められます。なぜなら、トレーニングの成果は栄養補給と体の休息があって発揮されるからです。ヘルシー & ビューティーフードアドバイザーは「食」に関する知識や実践能力だけでなく、運動理論にも精通しているので、いまのフィットネス業界のニーズに応えることができる資格と言えるでしょう。