上級食育指導士とは?

上級食育指導士とは、食育、食品の安全性、食育活動などの知識を理解し、学んでいるという証明された資格です。食育アドバイザーの資格と似ていますね。

 

この上級食育指導士は、言わば食育アドバイザーの上位資格です。

 

この資格は上位資格なので、食育の勉強を始めた初心者には中々取得が難しい資格でもあります。

 

上級食育指導士の資格取得にあたって

上級食育指導士の資格取得は食育アドバイザーの上位資格だけあって、食育アドバイザーよりも深い知識が求められます。ただし、取得にあたって必ずしも食育アドバイザーの資格を取得している必要はありません。

 

ですがこの資格の講義内容は、予め食育アドバイザーの基本知識は持っているものとしての講義が為されます。

 

講義について行けない、二度の手間を省くためにも、余程の事がなければ基礎としての食育アドバイザーの講義を受け、資格取得が出来るまでの勉強を自分で行っておきましょう。

 

何かを学ぶ事に近道はありません。いきなり上位の資格を取ろうとせず、基本として食育アドバイザーの資格を取得する、もしくはそれに対応した勉強を行ってから挑戦しましょう。

 

上級食育指導士の活躍場所

上級食育指導士の仕事は、対象である患者、一人一人に合ったバランスの良い食生活を指導する事にあります。

 

その活躍の場は病院や介護施設などの医療現場に留まらず、もっと幅広い世界でその力を活かす事が出来るでしょう。

 

何より上級食育指導士の資格は、食育の最上級資格と言っても過言でもありません。一般財団法人日本能力開発推進協会の認定資格なので、名刺にきちんとこの資格を書き込んで名乗る事が可能です。

 

これを活かして、個人でも食育のアドバイザーとして活動するというのも新しい活躍の場所です。

 

一つの医療施設で患者達に食育活動をする事も立派な仕事ですが、それだけでなく、もっと大きな世界であなたの知識を活かして欲しいと思います。