【食育】資格を活かせる職場はどんな所がある?

食育の資格といえば、健康面やダイエット、体調管理などが主な目的となるために、栄養士などの仕事をされている方をイメージするかもしれません。

 

ですが、栄養士として働く以外にも、食育の資格を活かす様々な職場があるのです。

 

では、食育の資格を活かせる職場としては、どのようなところがあるのでしょうか。

 

栄養士だけじゃない!食育資格を活かせる職場

食育の資格を活かせる職場として、以下のような場所が挙げられます。

 

・給食室
・給食センター
・小学校や中学校など
・介護業界
・医療業界
・美容業界
・飲食店など
・食品会社
・保育園や幼稚園
・家庭内
・料理教室

 

などなど、まだまだ多くの場所にて活躍することが可能となっています。

 

給食室や給食センターなどでは、子ども達の給食のメニューの考案や調理などが可能となります。

 

介護食アドバイザーの資格があれば、介護業界にて、栄養が不足しがちとなる高齢者の方に、いかに栄養を摂取していただくのかという事を提案していくことが出来ます。

 

薬膳アドバイザーなどの資格があれば、美容業界などでは、お客様の食生活について的確なアドバイスを行う事が出来ます。

 

保育園や幼稚園、小学校などであれば、子ども達に食事の大切さと健康について話をすることが出来る様になりますし、保護者の方からの子ども達の食生活についての相談に、自信を持って答えることが出来る様になります。

 

そして、料理教室などでも、薬膳の知識などを駆使し、教室の生徒さんたちに、より深い学びを提供していくことが可能となります。

 

飲食店においては、健康を考えたメニューの開発や加工、販売などに、大いに資格を活かすことが出来ると言えます。

 

職場ではありませんが、家庭内においては、子ども達をはじめ、旦那さんや家族の健康管理に活用することが出来るほか、生活習慣病を予防することも出来ます。

 

このように、多くの職場で食育資格を活かすことが出来るのです。

 

また、食育資格は近い将来、日本人の常識となっている可能性もあります。早いうちに資格を取得しておくと、後で楽になります。