薬膳コーディネーター試験の出題内容は?

薬膳という言葉を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

 

薬膳とは、中国で健康な身体作りを促す食事として取り入れられてきたもので、薬ではなく食事です。

 

病気ではないけれど身体の調子が思わしくない・・・という場合、薬膳で心と体のバランスを整えることが出来ます。

 

健康的な意味で人気があるだけではなく、肌トラブルなども改善できる可能性があります。

 

そんな薬膳の資格として、薬膳コーディネーターという資格があります。

 

薬膳コーディネーター試験ではどのような出題内容となるのか、見ていきたいと思います。

 

薬膳コーディネーター試験とは?

薬膳コーディネーター試験は、本草薬膳学院が認定している資格となります。

 

受験するためには、ユーキャンの講座を受講することになります。

 

ユーキャンの講座は本草薬膳学院と提携しており、教材やカリキュラムなどは学院公認のものとなります。

 

添削問題を3回提出し、最終課題として試験が設けられています。

 

標準学習期間は4ヶ月となっており、通信講座となりますので、自分のペースで学習を進めていくことが出来ます。

 

質問サポートも充実しているため、自宅での学習も苦になりません。

 

試験の出題内容は?

薬膳コーディネーター試験の出題内容は、明らかになっていません。

 

ですが、こちらの薬膳コーディネーターの資格試験は、なんと自宅で受験することが出来るようになっています。

 

自宅で受験できる上、試験には60%以上の正答率で合格となります。

 

また、薬膳コーディネーター講座の受講生であれば、受講期間内である限り、いつでも受験することが出来ます。

 

このようなことを考えると、出題内容はテキストの中からとなり、合格率もほぼ100%と考えて良いと思います。

 

もし不合格となってしまった場合でも、再々試験まで受験することが出来る様になっています。

 

どのような出題となるのかが分からなくても、講座のテキストでしっかりと勉強し、添削問題もクリアしていれば、特に問題はなさそうです。